◯ンへ溺愛ブログ

ドンへ溺愛の個人ブログです ドンへ擁護ばっかりしています ドンへオンリーペンなのでオンリー以外のかたとは合わないかもしれません オンリーでも考え方で合わないかもしれません 合わないと思ったら読まないでくださいm(._.)m

妄想❤

守りたいもの3 ヒョク

お前はたまには俺の事を気遣え!!とは思ったもののシュンとしてるドンへを見るのは辛い・・・結局甘々なんだよな、俺も なんとなくイライラがおさまらないから立ち上がってその辺をうろうろする・・ドンへがこっちを見てるのがわかる・・頭をかきながらちら…

守りたいもの2 ヒョク

まぁそう言いながらも俺達はユニットを組んでるし必然的に一緒にいることが多い ユニットを組む上で俺とドンへはそれぞれ役割がある・・・ずっと一緒かと言われればそうでもないが・・ 俺がステージ構成を考えてる時にドンへはギターを持って曲作りをしてた…

守りたいもの ヒョク

ふとドンへって後輩に慕われてるよなと思って思いついたんです・・ ぎゅとかからの話でもわかりますもんね とにかく優しいと・・ いつものように前置き長すぎな笑 俺達はもうかなりの古株で事務所に行くといろんな後輩から挨拶される・・ もうすでに仲良くっ…

イェソンの思い

というわけで兄さん目線で笑 私から見た兄さんなので批判はなしです笑笑 俺は弟達が大好きだ!もちろん本当に血の繋がりのある弟もいるが弟と同じくらい可愛いがってる弟達だ 特にリョングが可愛くて仕方ない、もちろんキュヒョナも可愛いが・・KRYメンバー…

シウォンの祈り

あまりにもシへが来ないから勝手に書こう笑 寂しすぎるんだもん笑 あっ、シオナお誕生日おめでとう(とってつけたみたいに)笑 だって誕生日2つあるんだもん(前置き長すぎ) 入った時のことをチョロっと(勝手な妄想で) 俺はチャミナと一緒に入隊したのだが 俺達…

シウォンの憂鬱4

忘れてました笑あまりにも間空きすぎて笑 まぁいいでしょう笑 ドンへは黙って俺の好きにさせてくれるから思い切って「ドンへ・・今日は一緒にいたい」 ドンへが急に悲しげな顔になる 「あっ、変な意味じゃなくて・・・」と付け加えた・・・ 今しかドンへを独…

シウォンの憂鬱3

いつも一緒にいてご飯を食べる時も側にいてもともとがっついて食べる方ではなかったから気づかなかったんだが・確かに食事の量は減っていたかもしれない・・ごめんなドンへ 自分からはなかなかしんどいとか疲れたとか言わない性格だから周りが気づかなきゃい…

シウォンの憂鬱 2

最近、手紙でもドンへオッパ元気がないですと貰うんだが・・俺はドンへじゃないしあいつの気持ちもよくわからない・・シウォンオッパはいつも元気そうで安心してますって書いてあるが・・ 俺だってつらい時はある、だが俺には家族というか父がいろいろと助言…

シウォンの憂鬱1

ドンへがヒョクチェに会いに行った・・ ドンへは時々俺に内緒の行動をとる・・いやいいんだ、いちいち言わなくちゃいけないって事でもないし・・ただヒョクチェのとこか・・・ と、思ってしまった・・ ドンへが休暇や週末に家族の元に行くことや知り合いの所…

いたずら2 シウォン

どれくらいたったんだろう・・俺も少し寝てしまったみたいだ・・ふと横を見るとドンへがいない・・しまった!と思ったら布団に、若干丸みがある・・どうもくるまってたらしい ホッとしてそーっと中を覗くと相変わらずの可愛らしさで寝てる・・・「ずっと見て…

いたずら シウォン

今日は休みだ・・・休みといっても決まった時間に朝食を取らなくてはいけなくて・・その後は自由だが・・・ふと愛しのドンへはどこにいるか探したが見当たらない・・さっきまでちゃんと確認してたのに・・俺は焦って部屋に戻るとベットにすやすや眠るドンへ…

2人の距離3 ウネ

ドンへはじっと俺の顔を見る 話始めた時から涙が溢れてきてた・・人1倍敏感なドンへがわからないわけがない あのいつものタレ眉で俺の涙を自分の手でぬぐってくれた、ばかドンへめ!もっと涙がでるじゃないか!ドンへは溢れる涙を何度もぬぐってくれた 不思…

2人の距離2 ウネ

やっとのことでドンへを誘う事ができたのはいいけど、なんだかぎごちない なんなんだ、どうしたんだよドンへ 思ってることが出そうになって我慢をする こいつはいつもそうだ・・だけど結局許してしまう自分がいる・・ 喫茶店に呼び出したから向かい合わせに…

2人の距離 ウネ

俺は今イライラしてる、いつものようにドンへが俺のとこにこない・・兵役前でピリピリしてるというのとはまた違う・・完全に俺を避けてる・・いち早くそれに気づいたのはヒチョリヒョンだ・・「どした?お前ら」 2人でコンサートの時は常に一緒だがスパショ…

僕のヒョン5 キュヒョン

「いや、今行く所だったよ」とヒチョリヒョン舌打ちしながら面白かったのにと言ったのをきき逃さなかった・・ やばい、かなりおかんむりだ 僕は慌てて「ドンへヒョン、ドンへヒョンほらっ起きなきゃ」と言うと「なんだ、ドンへ寝ちゃったのか」そう言いなが…

僕のヒョン4 キュヒョン

「んとに、お前らは・・」と言いながらもヒチョリヒョンだってドンへヒョンの、頭を撫でてるしヒョクヒョンが「いや、なんかモゴモゴ・・」と、言い訳をしながら僕の顔を横目で見るから叩かれた頭を撫でながら「可愛かったから」と正直に答えた その瞬間ヒョク…

僕のヒョン3 キュヒョン

みんなも揃ったしということでトゥギヒョンから「今日も1日頑張りましょう」という掛け声のもと撮影が始まった 各々個別準備にとりかかる がドンへヒョンが動かない あれ?と思って顔を覗き込むと寝てる この状況で・・僕は口に手をあてて笑いを堪えるとドン…

僕のヒョン2 キュヒョン

今日はMVの収録をする日だがドンへヒョンとヒョクヒョンは日本公演があったから後で合流することになっている それぞれにスケジュールがあるからなかなか一緒にというのは大変なんだが 久しぶりにドンへヒョン達に会えるから楽しみでもある・・なんとなくリ…

僕のヒョン キュヒョン

ギュ今とっても頑張ってますね~それはペンじゃなくとも充分わかってますよ〜(๑´ㅂ`๑)♡*.+゜だからあんまりペンの人が押さなくてもいいですよ笑(あまのじゃく)笑 というわけでネタも尽きてたんで笑キュへかきます(前置き長すぎ) 僕には、大好きなヒョンがた…

揺れる思い ドンへ3

シオナの顔がパーッと明るくなった なんてわかりやすいんだ、クスクス笑ってると不思議そうな顔で見てくる ゆっくりゆっくりソフトタッチで拭いてくるから尚更くすぐったくて笑いがでる クスクス笑ってシオナの手を押さえたり体を仰け反ったりしてると「だめ…

揺れる思い ドンへ2

フワッと体を持ち上げられて気がつくと シオナが俺の後ろにいて抱き抱えられている 一瞬状況が読み込めない・・・ シオナの手が俺のシャツのボタンを外している 慌ててシオナの手を止めると おだやかな顔で「汗かいてるから着替えさせようと思って・・」あ~…

揺れる思い ドンへ

ちょっとシオナとドンへを書きたくなりましてん どうやらまた風邪を引いてしまったらしい.... 異常に寒い...けどここは自分で体調管理しなくちゃだ...薬あったかな?目覚めてすぐなのにまずい... 気をつけてたのに.もともとアレルギーもあるからつい鼻炎と勘…

ヒョクチェの怒り3

完全に忘れてました、続くって書いたのに笑 「なぁ、ドンへお前寒がりなんだからちゃんと服を沢山着て暖かくしとかなきゃだぞ」 「うん……」 「それから温かい飲み物飲んで自己管理もちゃんとしとかないとな」 「うん……」さっきからうんしか言わないじゃない…

シウォンの想い2

クリスマスの時はドンへにも振られてしまったが俺も家族の元へいきゆっくり出来たからそれはそれでよかったのだろう… その後も一緒にいれるわけで 相変わらずドンへは笑顔は少ないが… この場所は本当に複雑で、ペンの前にいるような愛嬌をするとヘラヘラして…

シウォンの想い

もう昨年になるがクリスマスから浮きうきしてたやつがいる、そう俺の意中の人ドンへだ 俺もクリスチャンだし、気持ちはわからないでもないが…クリスマス前からツリーのことを唐突に話し出したり、見てると子供みたいだった…ソンムルをサンタから貰えるわけで…

悲しい時間2 トゥギ

なんだか、ぽっかり穴が空いた感じだ…こんなんじゃダメだと思いながらもあいつらの顔を思い出しては泣きそうになる…それは俺だけじゃなくヒチョルもイェソンもだったな…イェソンにいたってはドンへに電話をかけるぐらいだから…かなりさみしくなっていただろう…

悲しい時間 トゥギ

今じゃないんですが、ドンヘ達が兵役行ったときの気持ちというかなんというか、妄想です こんな気持ちだったんじゃないかな?ということで苦情は受け付けませんからぁ!!笑すべては妄想なので笑 ウニョクに続きドンヘの番がきた....あいつらとは行く前から…

お互いに ウネ4

(ヒョク) やっと待ち合わせの公園までついた....のにあいつがいない....はぁはぁ....はぁはぁ息が上がる....どかっとベンチに座ると深呼吸をして息を整える....「疲れた....」ベンチに前倒しに座りながら周りを見渡す、人影はまばらでドンヘらしきやつはい…

お互いに ウネ3

私ここだけの話。お話を書いてると眠くなるという変な特技がありまして(どうでもいいっすね)はい、続き書きます (ヒョク) ドンヘと電話を切ってからかなり歩いた.... あいつはまだそこにいるんだろうか?いやいや、さすがに寒いから近くのカフェにでもい…

お互いに2 ウネ

(ヒョク) 「お疲れ様でした!忠誠」も終わり 俺は急いで部屋に戻るとドンヘに電話をかけた いつも変な音の着信だ「もしもし」ドンヘだ! 「あっ、ドンヘ、俺今からこっち出るから待ってろよ!それを言うだけ言ってすぐに帰省の支度をしていたら「はやいっ…