◯ンへ溺愛ブログ

ドンへ溺愛の個人ブログです ドンへ擁護ばっかりしています ドンへオンリーペンなのでオンリー以外のかたとは合わないかもしれません オンリーでも考え方で合わないかもしれません 合わないと思ったら読まないでくださいm(._.)m

僕のヒョン3 キュヒョン

みんなも揃ったしということでトゥギヒョンから「今日も1日頑張りましょう」という掛け声のもと撮影が始まった

各々個別準備にとりかかる

がドンへヒョンが動かない

あれ?と思って顔を覗き込むと寝てる

この状況で・・僕は口に手をあてて笑いを堪えるとドンへヒョンの前にしゃがむと頬をつつく

「ん・?ムニャムニャ」少し口が開いててなんて可愛いんだ

小動物のようだ、可愛くて何回もつついていたからすぐ後ろにヒョクヒョンがいるのも気づかなかった

耳元で「おい!」びっくりして「あ〜いやいや、違う違う」とわけのわからない言葉を発してしまった

恥ずかしさと後ろめたさで口を覆うと僕の頭をポンポンと叩くと「ドンへ寝ちゃったな・・」しょうがないなぁ〜という感じで自分の頭をかくとため息をついて「まじ寝てなかったんだよな~」

とドンへヒョンの顔をまじまじ見ながらつぶやいた「えっ?」と返すと今度はドンへヒョンの頬を手の甲で触りながら愛おしそうにしてる

ふっとこっちをみて笑うと恥ずかしそうにする

何なんだ!この雰囲気は・・

怪訝な顔をするとニヤッと笑って「なぁポッキー持ってきて」

ここには1日がかりでやるということでお菓子やらご飯やらケータリングがたくさん置いてある

その事を言ってるんだろう・..なんとなくピンときて、僕の中のイタズラスイッチが入った・・

ポッキーを持ってくると早速ヒョクヒョンが顎で入れろと命令する

そーっと口に入れると「ん〜」といいながら顔を動かすがモグモグと食べ始める

僕とヒョクヒョンは口を押さえて笑いをこらえる

しかしなんて可愛いんだ・・あまりの可愛さにヒョクヒョンをパッと見ると笑いながらも愛しそうに目尻を下げてみてる

僕はバッとまた、目を逸らした、なんだか見てはいけないものを見た気がして

僕のそんな様子に気づいたのか「おい、もっといれろ」と赤面顔で命令してくる

こっちのヒョンも可愛いなぁと思っていたらヒョクヒョンが自分の頬に手を添えながら顔を近づけるからムッとしてボクも顔を近づける

その瞬間パコンパコンと2人とも頭をはたかれた

「お前ら、傍から見てたら変だそ?」

ヒチョリヒョンだ

まだ続きますよ